So-net無料ブログ作成

私が18歳成人に反対する理由

今日は成人の日なんだそうな。
私は今週末に満40歳になる。
20年前に成人したわけだが成人式には行かなかった。
バイトで忙しくそれどころじゃなかった。
成人式で暴れる若者の気持ちはわからぬではない。
しかしそのエネルギー、そんな使い方しかできないようじゃ器が小さすぎるぜ。

講道館柔道の創始者、嘉納治五郎先生は「精力善用」と言った。
ほとばしるエネルギーをくだらぬ争いに使うのではなく社会に役立てよという教えである。
護身術だった柔術を武道としての柔道に高め、荒くれ者たちを指導した。
1882年(明治15年)のことである。

さて、安倍お坊ちゃま政権はエセ野党の民主党も取り込んで、成人年齢を18歳に引き下げようとしている。
連中が何を目論んでいるかはっきりさせておきたい。

大きく次の3点が考えられる。

①選挙対策
②徴兵制導入
③少年法対策

念のため少しだけ解説する。

①若年有権者とレベルの近い低能候補(なんとかたいぞうみたいな)を乱立し、お子ちゃま有権者の票を期待するもの。自民も民主もそれが自分たちに有利だと思ってるのがおもしろい。

②韓国や北朝鮮のように徴兵制を導入したい自民と民主。18歳なら高校出たらすぐ徴兵できるから便利。大学は兵役終えてから入ればええわけやな。

③満18歳から大人だから少年法は適用できない。簡単に死刑にできるから便利。

絶対に許してはならない。
もちろん憲法は一文たりとも変えてはならない。


nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 14

んー 今の法体系だと必ずしも20歳が成人とは限らないのですよね。憲法には成人としかありませんからね。成人の規定は法律によって決まる。ところがその定義は法律によってバラバラだとか。
たとえば、婚姻の年齢はどうすべきでしょうか?現行の法律では男は満18歳以上、女は満16歳以上であれば婚姻できますよね。未成年なのに結婚できてしまいます(保護者の同意は必要ですが)。婚姻すれば戸籍が新たに作られるのですよね。子どもが生まれれば親としての責任も出てくる。かといって、20歳以上しか婚姻を認めないというわけにはいかないでしょう。
成人よりも社会的責任の重い未成年が存在するのはどうなんでしょうか。

また解説の①の場合だと、自民・民主には必ずしも有利に働くというわけではないのなら、18歳以上にすれば良いのではないかと思ってしまいます。
となると解説の②も現実的にはならないわけで、そもそも徴兵制をしくだけの財政的余裕があるでしょうか。現在の防衛費でさえ、その大半が人件費なわけですからね。しかも少子化の流れはしばらくは解消しないでしょうから、成人を18歳以上にしたところで徴兵制に即結びつくとは思えませんが。
解説の③ですが、何のために死刑をするのかですよね。死刑制度の存続を前提として考えるならば、そこに求められるのは本来は「犯罪の抑止」ですよね。実際死刑制度の支持者にはそう主張される方が多いわけですけども。そうなると18歳~19歳の人間には、自覚と責任が求められ、犯罪に対する抑止力が働き、むしろ犯罪が減っていいのではないですか?どうなのでしょうか。死刑制度廃止であれば、18歳とかは意味がなくなるので、③の論は成り立たないと思うのですけど。
by (2007-01-08 03:47) 

リス太郎

NTHAWKSさんへ
①自民・民主に有利かどうかは有権者次第です。連中は有利に働くとお互いに思ってる。7月には仮装行列みたいな参院選が見れます。楽しみですね。
②集団的自衛権を認めてほしい政府自民党と一部の民主党議員は、外交努力でいくらでも封じることができる北朝鮮の脅威をことさらに強調し、国民の危機感をあおっている。日本が強い軍隊を持ちたい理由は、アメリカの軍産複合体からの強い圧力があるからで、日本企業の利益にもなる。連中は露骨に政府に圧力をかけている。防衛費は財政的余裕がなくても増大されるものだと知るべきです。
③自覚と責任が求められ犯罪抑止力につながるのがいいのなら、少年法自体が無意味となってしまいます。まずは少年法がなぜあるのかよく考えてください。成人年齢を引き下げることで多発する少年犯罪に歯止めをかけようとする政府の考えは安易すぎるにも程があります。
by リス太郎 (2007-01-08 10:02) 

つまり、①については、有権者次第なので、18歳以上に選挙権を認めても影響はわからないということですよね。有利・不利は不確定ということですね。
また、北朝鮮に対する外交努力とは具体的にどのようにすることなのでしょうか。いくらでもあるので、代表的な効果的政策を2つ3つ教えてください。
また、アメリカは日本が再軍備することのリスクは計算していないのでしょうか?それに①の結果は②ににも影響するのではないでしょうか。もし徴兵制を実施するのなら20歳以上でも18歳以上でも特に関係ないように思えます。
③についてですが、少年犯罪は総数としては減少傾向にあるのではないですか。低年齢化はしているでしょうけど。多発しているというのは前提が違うように思います。少年犯罪についての報道が多くなされるようになったというのが実際のところではないでしょうか。

私は18歳・19歳を法的に中途半端な状態においてる方が話をややこしくしているように思うのですけど。
by (2007-01-08 11:04) 

リス太郎

有利・不利は不確定だが、だからと言って選挙権取得年齢を引き下げることには賛成できない。思慮の浅い有権者が増えることを危惧するため。
北朝鮮に対する経済制裁は緊張を高めるだけである。日本がアメリカと歩調を合わせる以上、拉致問題は進展しないだろう。北朝鮮が市場経済に移行できるよう貿易を促進することが安全保障につながる。核開発を放棄させ拉致被害者を解放させる最も効果的な手段である。
アメリカは日本が再軍備することにリスクなど感じていない。それを強く要求している。イラクなどへの派兵に協力させたいため。また自国の兵器を売りつけたいため。
確かに徴兵制を導入するなら20歳でも18歳でも同じかもしれない。しかしよりスムーズに導入に持っていくため、あらゆる外堀が埋めていかれるだろう。先般の教育基本法もそうである。そして日本国憲法。ご存知のとおり、18歳成人も憲法改悪論議の中で出てきたものである。みんなつながっている。
少年犯罪については凶悪少年犯罪と言い換えてもいい。現行の少年法に対する無理解で幼稚な批判に対し、非常に乱暴な形で対処しようというのが、成人年齢を下げて一般成人と同じ扱いをするという方法である。
結婚は18歳と16歳。ポルノは18歳。選挙権は20歳。20歳未満には少年法を適用。別に話はややこしくないと思うが。
by リス太郎 (2007-01-08 18:22) 

思慮が浅いというのは18歳・19歳の世代を軽く見すぎていないか。若い世代を思慮が浅いといえる根拠が希薄ではないか。むしろ団塊の世代とか言われる方々などの方が、最近テレビで見ている限り無責任の極みではないだろうか。
北朝鮮との貿易の利益が、特権階級に独占されている状況をどう考えるのだろうか。たとえば、中国との貿易促進によって、中国では公害が多発し、さらに軍事費をかなりの%で伸ばしている。軍拡している中国は周囲の国にとって脅威にはならないのか。北朝鮮も同じ道を歩まないといえるだろうか。
北朝鮮が核実験を行ったときに、アメリカで話題になったのは日本の核武装の可能性ではなかったか。日本の再軍備にリスクを感じないのであれば、それは問題視されないのではないか。
みんなつながっているというのはいささか短絡的ではないだろうか。

成人とはなんだろうか?18歳は成人か否か。
by (2007-01-08 18:57) 

リス太郎

若い世代を思慮が浅いと決め付けたような私の論調は短絡的かもしれない。北朝鮮の特権階級や中国の軍事費増大の話も同感だ。しかし東アジアの政治的安定のためには人道的見地に立った草の根の国際協力と貿易の促進が不可欠である。第一に考えねばならないのはその国や地域に住む人びとのことである。
もちろんアメリカは日本が核武装することなど望んではいない。しかし自国の侵略戦争に協力させたいのは間違いない話で、だから憲法を変えろと脅している。日本の財界も後押ししている。死の商人は戦争に加担することで莫大な利益を上げる。現実を見過ごしてはならない。
みんなつながっているのは事実であり短絡的ではない。国会と言うのはセレモニーである。実質的な審議は各委員会で行われる。だから国会議員はあらゆる分野に見識と情報網を持たねばならない。これ以上無能で不勉強な議員を増やさないため、有権者の年齢制限を引き下げることには慎重でなければならない。
18歳成人は否である。
by リス太郎 (2007-01-09 04:57) 

>これ以上無能で不勉強な議員を増やさないため、有権者の年齢制限を引き下げることには慎重でなければならない。

無能で不勉強な議員を選んでいるのは20歳以上の成人である。もし、18歳・19歳の年齢に有権者を拡大してそういう議員が増えるのであれば、確実に18歳が20歳になる2年後には、そういう無能な議員が増えていくことになるだろう。リス太郎氏の主張どおりならば、有権者の年齢を引き下げても引き下げなくても関係なく、無能な議員は増加するということにならないか。
むしろ、

>国会と言うのはセレモニーである。

という国会軽視ともとれるような考え方が、無能な議員の増加を許しているのではないか。選挙ばかりを意識し、普段の議員の行動をチェックしてこなかった我々の責任ではないのか。

>実質的な審議は各委員会で行われる。

この場合の委員会は、国会内の委員会を指しているのだろうか。あるいは、「教育再生会議」のような政府の諮問機関を指してるのだろうか。
by (2007-01-09 06:31) 

リス太郎

確かに無能で不勉強な議員を選んでしまっているのは私たち成人である。しかし社会に対する考え方が未成熟な大人が多い現状を考えると、有権者年齢制限を引き下げることには賛同できない。
私は国会を軽視などしていない。国会で審議される案件は衆参各17の常任委員会で採決されてから本会議の議題に上る。事実を述べているだけだ。
by リス太郎 (2007-01-09 07:23) 

きよし

日本の約1億人強の有権者数の3%に満たない18-19才の人間に参政権を持たせたからといって、どのような方法で選挙対策になるというのですか?
 どのような論理でそういう答えを導き出したのか、わからんのですが
本当に、選挙対策をするなら、投票を棄権した5千万人以上の人間に対して行うんじゃないですか?
by きよし (2007-01-10 01:13) 

 未成熟な大人が多いことと、有権者の年齢引き下げは何の関連性もないのではないでしょうか。どうも若い世代は「浅はか」という思い込みから脱していらっしゃらないようですね。
 憲法擁護の立場に立つのなら、若い世代の意見を尊重する立場に立たれる方が多いと思うのですけど。選挙という意思表明の機会を、若い世代に認めない論理がよくわかりません。繰り返しますが、リス太郎氏の論理だと、有権者年齢を引き下げなくても、未成熟な大人がどんどん増えるだけですので、無能な議員がどんどん選ばれることになるのではないでしょうか。

>私は国会を軽視などしていない。

 そうであるならば、「国会はセレモニー」などという発言はでてこないのではないでしょうか。セレモニーとは儀式ですよね。こういう表現の場合、一般的に「形だけ」と対象を「中身がない」と揶揄する意味でつかうのではないでしょうか。その意味で、ご発言は国会は形だけで無意味とおっしゃているのだととられるのが普通ではありませんか?「本会議」というところをうっかり「国会」と書いてしまったとしても、本会議で採決しない限り国会の意思は示されませんので、本会議といえども形だけではなく、中身のある力をもつものです。

>国会で審議される案件は衆参各17の常任委員会で採決されてから本会議の議題に上る。

これが国会のしくみではないのでしょうか。何か問題があるのですか?まさか480人もの人間が一堂に会して、実質的審議が効率よくできるとは思っていらっしゃらないでしょう。これを否定するのであれば、代議制を否定しているようなものでしょう。
 問題にすべきなのは、政府が「教育再生会議」のような私的諮問機関を数多くつくり、そこでの議論があたかも国民の意思を代表するかのようにしてしまう国会軽視の政策手法なのではないですか。

 なぜ、18歳を成人にすることに反対なのか、18歳・19歳は「思慮の浅い」からというご主張以外、理由がわかりません。もしかしたら、皇族は18歳で成人なさるので、皇族の権威を守るためですかね。
by (2007-01-10 03:06) 

kokkok

リス太郎さん。横レスですが日本共産党も18歳選挙権を以前から主張していますよ。

まさか共産党も徴兵制を導入しようとしているのかな?
http://www.jcp.or.jp/seisaku/kodomo_edu/2000608_syiybeb_18sai.html
by kokkok (2007-01-10 21:47) 

リス太郎

kokkokさんへ
私は私。日本共産党は日本共産党。
by リス太郎 (2007-01-11 06:44) 

検索結果から参りました。

 私はこれまで、てっきり自民党政権は18歳成人に反対している
ものとばかり思っておりました。
 なぜならひと昔なら若い人たちが選挙権を持ちさえすればかならず革新票が増えたでしょうから。今はそうではない、と与党がふんでいるとしたら、平行線の議論とは別に、リス太郎さんのおっしゃるように日本の若者が本当に赤信号なのか、革新の自負を守り通してきたオジサン世代の良識が時代に取り残されつつあるのか、どちらかなのかもしれませんね。
by 検索結果から参りました。 (2007-01-12 21:15) 

リス太郎

検索結果から参りました。 さんへ
NTHAWKSさんの意見を読んで私も考えたんですが、確かに18-19歳の若者を思慮が浅いと決め付けるのは考え直さなければなりません。私は決してそういうつもりはなかったのですが、結果として私の論調はそうなってる。そういう偏見が私にあるのだと思います。18歳成人に反対であることは変わらないのですが、安易に流され易い傾向というのは若者も私のような中年世代もいっしょのような気がします。ひとりひとりが自分の意見をしっかり持つことが大事だと思います。
by リス太郎 (2007-01-13 05:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2